CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日のお客様 | main | 蒸し暑いので・・・ >>
モンキーブーツの製作 その5

モンキーブーツの製作は、アッパーへ進みます。

アッパーというのは、靴の足を包んでいる革の部分です。

靴は、大きく分けてアッパーとソールに分かれます。


アッパーを作る際には、型入れという作業からはじめます。

型入れとは、どのパーツを革のどの部分で裁断するのかというのを決める作業です。

革は元々牛の体だったわけなので、場所によってクオリティの差があります。

オシリの周りは繊維がしっかりとしている部分、脚や首の周りはあまりしっかりしていない部分という差があるのです。

また、革には伸び方向というのがあり、この部分はこちらの方向には伸びるけどこちらには伸びないという性質があります。

それらをふまえて、それぞれのパーツを適した部分に適した方向で裁断するように型を入れます。

さらに言うと、革に無駄が出ないようにできる限りパーツ同士を寄せて、うまく組み合わせて型を入れるようにします。

このうまく組み合わせることをインターロックといいます。

インターロックの最たる例がコレです。





さすがに靴の場合はこれほどのことはムリですが、なるべくキレイに組み合わせられるようにします。


そうして型入れが終わり、クリッキング(裁断)に進みます。





クリッキングの時に私が使っているのがカッターナイフ。

学校ではクリッキングナイフを使うように言われましたが、クリッキングナイフは日本で入手できなかったためにカッターナイフを使うようになりました。

そうしたら、コレが思いのほか良くて、いちいち刃を研ぐ必要もなく切れなくなったら刃を折ればよいし、それにとてもよく切れます。

作業性が良いのでそのまま使っています。

ただし、切り方によって持ち方を変えています。


クリッキングが終わって、パーツはこんな感じです。



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら




 

| モンキーブーツを作ろう | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1289648
トラックバック