CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 初IKEA! | main | 今日のお客様 >>
モンキーブーツの製作 その10
今回は、ウェルティングです。

ウェルティングとは、つり込んであるアッパー、インソールにウェルトを縫いつける作業のことで、この製法のクライマックスとも言えるところです。

ウェルティングに使うものは、前回作った針&糸、ウェルト、針&糸が通る穴をあける「すくい針」、靴を固定するベルトの「わげさ」、そのほかにちょっとした細かいものを使います。

では早速ウェルティングです。

まず、インソールのリブからウェルトまでをまとめてすくい針で貫通させて穴を開けます。



その穴にブリストル(針)を通します。



ウェルティングは2本針と呼ばれる縫い方で縫うので、左右から同じように針を通します。



そして、糸が緩まないように細工をしてギュッと引きます。

その時に、すくい針の柄の部分にクルクルと糸を廻して引きます。

その方が、直接糸を引くよりもしっかりと強い力で引けますから。



その繰り返しで一周回るとウェルティングは完成します。



この作業にかかる時間は、片足だいたい1時間程度です。


この作業で大切なのは、針のピッチを一定にすること、リブとウェルトの距離を一定にすることなど、ウェルティングが終わった時点でどの部分もほぼ同じ強度を持っていることです。

というのは、靴が出来上がった時に弱い部分があると履いているうちにその部分にダメージが集中しやすくなり、そこから破損してしまうからです。

しっかりと強度を保って、外からの衝撃も分散できるように作ることで、靴の耐久性が上がるのです。


また、強度的な問題に関して加えると、想定値以上の力が加わった時に、修理のきかないリブを守るため、強度の関係は リブ>ウェルティングの糸 となっています。

なのでめったにないことですが、履いていて想定値以上の力がかかった時はウェルティングの糸が切れることがあります。


このウェルティングは、じつはとっても地味な作業です。

地味なんですけれど、作業を始めるとなぜかのめり込んでしまう不思議な作業です。

好きじゃなければできないという作業の最たる例ですね。



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら

今週末のスケジュールはこちら










| モンキーブーツを作ろう | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1289725
トラックバック