CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今週末はイベント@ナミキウエストin熊谷 | main | 革入荷のご案内 >>
スカイヴィングから

新ラストSRDでオックスフォードを作っています。

今回は、スカイヴィングから。

スカイヴィングとは、革を漉くこと。

折り込むときには、適度な厚さに革を漉くことでキレイに織り込むことができます。

また、貼り込むときには下側にくる革の端をうすく漉くことで表に段差が出なくなり、これもキレイに見えます。

つまり、スカイヴィングは出来上がった靴がキレイに見えるための加工です。

作業風景はこんな感じです。



丸い刃が回転して革を漉く構造なので、上手に使えば便利な機械ですし、慣れないと危険な機械です。


このあとは、ミシンをかけます。

ミシンは、普通に無難に終わらせました。

作業風景と出来上がったアッパーです。






この次の工程では、いよいよ靴らしさが出てくるラスティングです。

ラスティングの際には、つま先とカカトに芯を入れます。

それぞれについては先日このブログで書きました。

このラスティングが、けっこうな力を使うのです。

パリッとキレイな靴を作るためには、つま先方向に引いてから、ここはこっち、ここはあっちという具合で、引く方向が決まっているのです。

そして、一番革がよい状態であるように引きます。



引いたらクギで仮止めをします。

仮止めなので、あとで外します。


こんな感じにつり上がりました。





このあたりまで来ると、完成した靴のイメージが沸くかもしれませんね。

よく言われるのが、ウェルトが付いていない状態で見ると、靴が寸詰まりに見えるらしいです。

ということは、これが出来上がったらもっと格好良くなるはずです。


このあとの工程も、どうぞお楽しみに。



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら

今週末のスケジュールはこちら



| 新ラストSRD×オックスフォード | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1289817
トラックバック