CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 進化の軌跡 | main | ロンドンのタクシー >>
ボトムフィラー~ソールアタッチング

サンプルの製作は進んでいます。

前回、ウェルティングが終わりました。

その次の工程は、シャンクをセットして、ボトムフィラーをセットして、そしてソールを貼りつけます。


シャンクは、靴のセッティングで好みがいろいろありますが、私たちはスチールシャンクをメインにして、それだけでは剛性が足りないのであるちょっとしたモノを使っています。


そして、ボトムフィラーはシートコルクを使っています。

ボトムフィラーに関して、意見はさまざまのようです。

粒コルクを使う方、全くの異素材を使う方、などなど・・・

シューリパブリックでは、4ミリのシートコルクを使い、セットしてから余分な部分をヤスリで削り落します。

この方法が一番早いですし、仕上りもキレイです。


ちなみに、ハンドソーンウェルテッドのボトムフィラーはグッドイヤーウェルテッドのケースと違い、あまり厚いモノは必要ありません。

なぜなら、ハンドソーンウェルテッドは十分に厚いインソールを使っているため、インソールでも衝撃を吸収できます。

また、リブの高さが低いこともあり、グッドイヤーウェルテッドのように6ミリのボトムフィラーは入らないのです。


ボトムフィラー周辺には、仕掛けがたくさんあります。

それらは、快適に歩くためのものです。

外から見えないのがとても残念です。


ボトムフィラーがセットできたら、ソールを貼ります。

ソールを貼るのは、完全な接着ではなく仮どめです。

なぜなら、ソール交換の時にだし縫いの糸を切れば簡単に剥がせる為です。


ソールを貼ったら、だし縫いができるようにコバをキレイにトリミングします。

そして、こんなふうに出来上がりました。



つぎは、だし縫いです。

完成近し!!!



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら

今週末のスケジュールはこちら

| サンプル製作 2011 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1290143
トラックバック