CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< TABの話 | main | 革入荷のご案内 >>
サンプル製作 始めました

毎年、サンプル靴を2足くらいは作ろうと思っています。

サンプル靴は、主に新しい仕様のテストをしたり、新しい素材のテストをするために作っています。

そして、今回製作するサンプル靴は、フルブローグのブーツです。

使う素材は、先日お伝えしたグリーンのショルダーの革。



この革を使って、新しい仕様のフルブローグブーツを作ります。


本来であれば、お客様に靴のご注文をいただいたら、採寸データに則ってお客様の足に最適なラスト(木型)を作ります。

私たちシューリパブリックの場合、つま先の形状の違いで5種類ほどのラストがあります。

その中からお好みのモノをお選びいただき、次にそのモデルをお客様の足に合うサイズにグレーディングします。

グレーディングとは、長さが何ミリ、回しが何ミリというデータどおりに削り出す作業です。

この作業は、木型屋さんにお願いしています。

その後、グレーディングしたラストが上がったら、今度はお客様の足を採寸したデータをもとに、より細かく削ったり肉付けしたりなどの調整をします。

その調整も、ただお客様の足のサイズそのままにするのではなく、足の状態に合わせてどれくらい締めるのかというのが変わってきて、そのあたりは作り手の勘によるところが大きくなります。

シューリパブリックの基本的なフィッティングは、長時間履いていても長い距離を歩いても疲れずに、しっかりと足をホールドするけれど締め付け感がなく、指先は歩くときに地面をしっかりと掴んで歩けるような感じです。

脱いだ時に、開放感がないとよく言われます。


今回は、サンプル靴ということでラストの調整は省略させていただきます。


ということで、まずはパターンの作成。



こんな感じにテープを巻きます。

時々このテープの入手の手段を聞かれますが、これはニチバンのクレープテープ19mmで、1本あたり約500円ほどのモノです。

以前は、アイディアルの100mm幅のモノをカットしていただいていましたが、テープの価格とカットする費用を比べるとカットする費用の方が高いため、色々と探してニチバンのモノに落ち着きました。

ニチバンのテープは、楽天で買えます。


このようにテープを巻いた状態でデザインを描き込む方もいらっしゃいますが、私がTreshamで教わったのは基本的なデザインは平面になってから描くやり方です。

エイプロン(Uチップ)やウィングキャップのラインのみ、この状態で描き込みます。

私はパターンを作る仕事を長いことやっていますが、私が教わった方法は理論的に数値が決まっていて、その通りにやっていけば、くるぶしが当たったりTABの位置が変だったりなどということがなく、それでいてラインの個性もしっかりと出せるため、非常に理にかなった方法だと思っています。


次に、巻いたテープの余分な部分を切り落とします。



写真のように、フェザーエッヂに鉛筆で線を引き、そこをカッターナイフで切ればOK。



そうしたら、ラストのセンターに沿ってカッターで切れ目を入れて、outsideとinsideに分け、ゆがみそうな部分は上手に切込などを入れて紙に貼り付けて平面に変換します。

この平面に変換する作業で、靴がキレイにできるが歪んでしまうかというところに影響が出ます。



そして、この輪郭をカッターナイフで切ります。



ちなみに、パターンに書いてありませんがウィングキャップのラインが入っているのがoutside、何も描いてないのがinsideです。


これらをもとに、スタンダードフォームを作ります。

スタンダードフォームというのは、パターンを作るもとになるモノです。

先程もお伝えしましたとおり、この工程で数値を確認してラインを描いていきます。



これが、スタンダードフォームです。

なんであの平面テープがこうなるの?というのは、ヒミツです。


またそのうち、時間があるときに続きを進めます。


シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページは
こちら

今週末のスケジュールは
こちら







| サンプル製作 2013 フルブローグ作ります | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1291171
トラックバック