CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 靴の中が蒸れる理由 | main | モノづくりに込める思い >>
サンプル靴の製作の続き
サンプルのフルブローグの製作は続きます。

靴を作る上での作業はたくさんありますが、かなりはしょっています。

昨日、だし縫いをかけてこんな感じになりました。



ちょっと靴らしくなったように思います。

このあとは、カカトをつける作業に進みます。

シューリパブリックでは、カカトの積み上げはレザーボードを使っています。

なぜレザーボード?

その前に、レザーボードって何?

まとめてお答えします。

レザーボードとは、革を粉砕して練り固めた素材です。

肉でいえばハンバーグのようなものでしょうか?

レザーボードは、品質が上から下までたくさんあります。

私たちが使っているのはヨーロッパ製のもので、レザーボードの中ではかなり高価なモノであり、素材感を例えるならしっとりねっとりというところです。

半分紙のようなモノとは違って、レザーボードなのに適度な弾力性があって、そして耐久性もかなり高い素材です。

なので、一般的な革の積み上げと比べるとアスファルトの上を歩いたときには優しい履き心地になります。

たしかに、土や草の上を歩くのであれば革の積み上げもアリだと思いますが、私個人的にはアスファルトやコンクリートなど硬いところを歩くのなら絶対にこのレザーボードのほうが足が疲れないと思います。

そんな理由で、私たちシューリパブリックではあえて積み上げにはレザーボードを使っているのです。


そのレザーボードは、その名のとおり板状なので、自分で裁断します。



裁断といっても作業性を考えて機械でバシバシ抜いていきます。



抜き型と抜いたカカトの積み上げ。



そうして裁断したものを貼り合わせて、ダイナイトのトップピースも貼ってカカトを作ります。



このあと、カカトの接着面を凹に削って靴本体に取り付けます。

そうしたら、ソールをきれいに削って、ラストを抜いて、とりあえずこんな感じになりました。



完成近し!



お知らせ  来年4月から消費税率のアップが予定されていますが、消費税率を判断するための基準となるタイミングは商品の受け渡しの時とされています。
シューリパブリックでは製作期間を考慮して2014年1月以降のご注文に関しては新税率を見込んだ新価格とさせていただきます。
ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。


お知らせ◆ 11月30日(土)には、リファーレ大阪さんにて2回目のイベントを開催します。足の採寸&靴の相談のほか、ご希望の場合にはオーダーメイド靴のご注文も承ります。お近くの方は、ぜひお気軽にお越しください。

お知らせ: 12月1日(日)2日(月)には、神戸・三宮のSUNさんにて恒例のイベントを開催します。SUNさんオリジナルのグッドイヤーウェルテッドの靴も揃っています。ぜひお気軽にお越しください。

お知らせぁА12月14日(土)15日(日)には、恵比寿のリファーレさんにて恒例の採寸相談会のイベントを開催します。ハンドソーンウェルテッドのオーダーメイド靴のご注文も承ります。ぜひお気軽にお越しください。


シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのホームページはこちら

今週末のスケジュールはこちら











 
| サンプル製作 2013 フルブローグ作ります | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1291351
トラックバック