CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ピーターに学ぶ | main | トライアル企画の靴をお渡ししました >>
新ラストSREでサンプル作成(その5)
「サンプルの靴を作る時間が・・・」

などと言っていても、実際に時間を作ってやってみると意外とできることがわかりました。

前回は、インソールのリブ加工まで進みました。

今回は、その先のラスティングから。

ラスティングとは、つり込みのこと。

使う主な工具はこのようなものです。



ハンマーとピンサーが2本。

このほかには、19ミリのクギを仮留め用として使います。

ピンサーは、幅の広いものと細いものがあります。

この使い分けはと言いますと、主につま先やカカト周りなど引いてギャザーにしたり細かい作業が必要なところでは細い方を、それ以外の部分では力が入る広い方を使います。

そして、ハンマーは引いてクギで仮留めをしたところを叩いて平らにしたり、つり上がった部分を叩いて馴染ませたりします。


では、まずつま先とカカトに芯をセットします。

つま先の芯(トーパフと言います)の目的は、足の指を外的な危険から守ること。

そして、おまけとして靴の形を保つこと。

一方カカトの芯(スティフナーと言います)の目的は、カカトをしっかりとホールドしてグラつかないようにするため。

カカトの芯がクタクタでは、カカトをしっかりとホールドすることができません。

私たちシューリパブリックでは、トーパフもスティフナーも水溶性の接着剤を使って固めています。

これらを(その3)で縫いあがったアッパーにセットし、ラストに載せて上の写真のピンサーで引きます。

まず、つま先を引いてクギで仮留めをし、その後は決められた順番に仮留めをして、クギ8本ほどで甲にはシワのない状態になります。

そうしたら、細かくクギを打っていきます。

ですが、じつはこのラスティングには非常に大切な決まり事があります。

それは、ピンサーで革を引く時の引く方向です。

甲のシワを消したいからといって、むやみやたらに引いては後々変なシワが出たり、型崩れしやすい靴になってしまいます。

どのように引くかと言いますと、カカトのカウンターポイントと呼ばれる部分から放射状に引くこと。

これだけです。



もっとも間違いやすい土踏まずの部分はこんな感じに、もしくはもっとピンサーを倒しても良いでしょう。

こうして正しく引くことで、正しい力で引いていれば、ムリがなく、足をしっかりとほーるどし、さらに型崩れしにくい靴になります。



そうして、こんな感じにつり上がりました。



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのウェブサイトはこちら

今週末のスケジュールはこちら


 
| SREでサンプル作成 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1292146
トラックバック