CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 丁寧に生きることのススメ | main | ブーツ、オススメ >>
新ラストSREでサンプル作成(その7)
前回は、ブリストルを作るところまで進みました。

今回は、その続きのウェルティングからです。

ハンドソーンウェルテッドと言うように、この製法の要はウェルティングにあるといっても過言ではありません。

このウェルティングの出来の良し悪しによっても、靴の完成度が大きく左右されます。

実際、ハンドソーンウェルテッドの靴の良し悪しは(ラストの調整を除いた場合)、パターン、インソール、ラスティング、そしてウェルティングで決まります。

もちろんクロージングや仕上げなどの良し悪しも大きく影響します。

そう考えると、やはりどの工程もとても大切です。



ウェルティングは、ラステッド(つり込みが終わった状態のアッパー)にウェルトを縫いつける作業です。

上の写真で挿しているのがオウル(すくい針)です。

これでブリストルの通り道(針穴)を作ります。

以前に私が使っていた日本製のオウルは、針先のカーブがやや緩やかでしたが、今使っているイギリス製のオウルは結構カーブが急です。

ということは、針の入口と出口が近い距離であっても針を深く挿すことができる為、ギリギリ(若干の余裕程度)のリブの幅でも十分な強度が出せるので、糸の長さを短くすることができ、結果としてウェルトをしっかりと縫いつけて、さらにそれが緩みにくくなります。

理屈の説明が複雑ですね。

針の入り口と出口が遠いと、その分必要な糸の長さが長くなり、糸にかかる負担が大きくなります。

なので、リブとウェルトが近いということは、強度が上がることにつながります。



続けます。

針穴が開いたら、ブリストルをこっち側と・・・



あっち側から通し、



ギューっとしっかり締めます。

ウェルティングは、基本的にこの作業の繰り返しです。

でも、ただ繰り返せば良いのではなく、針のピッチを均一にし、糸を締める力も均一にし、さらにはステッチがキレイに並ぶように縫う必要があります。

なぜなら、この部分には大変大きな力がかかり、もしピッチがバラバラであったり糸を締める力がバラバラであったり、さらにはステッチがバラバラだったりすると、強い部分と弱い部分ができてしまいます。

そうなると、間違いなく弱い部分に負担がかかって壊れてしまいます。

ですので、全て均一にして外的な力は全体で受けとめられるようにしておく必要があるのです。



こんな感じに縫い上がりました。

そうそう、つま先の方に白い糸が絡ませてあるのは、つま先の部分はどうしても内輪差の関係でピッチが細かくなるため、リブが裂けないように補強をしているためです。

そうしたら、シャンクを接着で貼り付けます。



この時の接着剤は、靴を使う時の接着剤の中で最も強力なものを使います。

シャンクが剥がれてはずれてしまっては大変ですから。

さらに、私たちシューリパブリックではツメのついたシャンクを使っていて、シャンクがしっかりと固定されるようにしています。

このあと、コルクのボトムフィラーなど諸々をセットし、



ソールを弱い接着剤で仮留めします。

上の写真は、ソールを仮留めした後に周りをグラインダーでざっと整えたところです。

ソールは大きさが何種類かあって、実際に必要なサイズよりも一回り大きいものを使い、余分な部分をトリミングします。



だし縫い(ウェルトとソールを縫う作業)が終わったところです。



だし縫いの作業は、いつもお世話になっている職人さんのところに持って行って、その場で縫ってもらっています。

私たちの工房にもだし縫いの機械があるのですが、数足を縫う為に機械を細かく調整して松脂のワックスがついた糸を準備して、さらに機械を温めてということをするよりも、仕入れのついでに靴を持って行って縫っていただいた方が合理的です。

ちなみに、だし縫いはアッパー合わせの機械とソールのコバ合わせの機械があります。

機械があるというより、そのようなセッティングにしているといのが正しいですね。

私はソールのコバ合わせで縫っていただいています。

というのも、アッパー合わせで縫うと上から見た時のラストのシルエット(輪郭)そのままにだし縫いがかかってしまい、輪郭とラストの底面の微妙な関係で素敵な雰囲気を出しているのにそれがでなくなってしまますから。

このあとは、ヒールを取り付けます。



ダイナイトのトップピースと、ドイツ製のレザーボードの積み上げです。

一般的に積み上げは革を使っているケーるが多いのですが、私たちシューリパブリックでは機能優先でこのレザーボードを使います。

革との違いは、実際に歩いてみればすぐにわかります。

これだけのパーツですが、しっかりと衝撃を吸収してくれます。



こんな感じになります。



接着面のアールを合わせて積み上げを削って接着剤を塗り、しばし乾燥させます。



そして、熱活性させて貼り付けます。

この作業、かなりの力が必要です。



そして、ヒールの余分な部分をトリミングしたら、なんとなく靴らしくなりました。

続きはまた次回に。



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのウェブサイトはこちら

今週末のスケジュールはこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。





 
| SREでサンプル作成 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1292159
トラックバック