CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 革のご紹介 | main | シューリパブリックビギナーへのアドバイス >>
新ラストSREでサンプル作成(完成まで)
前回は、ほぼ完成に近いところまで進んでいたように見えて、じつはまだもう少し工程があります。

ヒールをつけてコバを削ったら、ラストを抜いてからヒールをしっかりと固定するために内側からクギを打ちます。



この工程は、作り手によってまちまちなのですが、私はイギリスのグッドイヤーウェルテッドと同じように内側から打っています。

ハンドソーンウェルテッドの靴で、ヒールをい1枚ずつ積んでいってその都度クギやペースという木製のクギを使う作り手もいます。

私がこのやり方を選んだのは、修理をする時に比較的効率よくできることと、ヒールがしっかりと固定されると言うのが大きな理由です。

打つクギは「マシンネイル」というもので、長さは約1インチ、スクリューのクギよりも強力です。

本数は10本、これもイギリスのグッドイヤーウェルテッドに倣っています。

ちなみに、右の方でピンボケで写っているのが専用のハンマーです。

この細いハンマーで打って、さらに追い込みという細い棒でクギの頭をめり込ませます。

クギは履いているうちに少しでも出てきたり、もしくは革のインソールが沈んでしまってクギの頭が出てきたら、カカトにケガをしてしまいます。

なので、クギは十分すぎるくらいに打ちこみます。



そうしたら、インソックを貼ります。

以前にもちょっと書きましたが、インソックの下側にはウレタンのスポンジが貼ってあります。



そのあと、コバにインクを塗り、インクが乾いたらコテを当て・・・、



アッパーの仕上げをして、靴ヒモを通して完成です。


今回は7回に分けて製作の工程をご紹介しましたが、実際にはかなりの時間を要しています。

なにせ、素材が革なのでひとつの工程が終わったら革が落ち着くまで少し放置します。

そうすることで、履き心地が優しいのに型崩れをしない靴が出来上がります。



ギブソンブーツ、格好良いです。



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのウェブサイトはこちら

今週末のスケジュールはこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。







 
| SREでサンプル作成 | 22:44 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちは。高山さん。

新ラストのネイビーブーツ、かっこいいですね。

この革はシボがあるようですが、なんの革なんでしょうか?

ちょっと気になりましたので、教えてください。
| TAです。 | 2015/11/20 5:15 AM |
TAさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

この革はヴァケッタ800というもので、シボ加工が施してあります。
シボが入ると、だいぶカジュアルテイストが強くなりますね。
| シューリパブリック | 2015/11/20 9:00 AM |
高山さん、返信ありがとうございます。写真からも良さが伝わってきますね。
| 福岡のTAです。 | 2015/11/20 4:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1292164
トラックバック