CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日のお客様 | main | 今日の作業はウェルティング >>
Shoe Republic的靴理論
そもそもの靴の目的は、足を守ることです。

裸足で歩いていては危険ですので、足を保護するために靴を履きます。

それなのに、昨今では靴を履くのが当たり前となり、足を守るためではなく、靴を履いているスタイルを作るために靴を履いているかのような人を見かけることもあります。

足を守るための靴ですから、靴を履くことで足にダメージを与えてはいけません。

そりゃ、現代ではファッション的な要素もありますから、全否定することはできませんが、ぜひ知識として知っておいてください。

長時間歩いて足が疲れるよりも痛くなるような靴は、間違いなく何か問題があります。

短時間で疲れてしまう靴も、きっと何か問題があります。


道具としての靴に求められるのは、靴自体のクオリティと足とのフィッティングです。

クオリティに関しては、正しい設計と正確な作りが求められます。

どのような靴を作るのかというロジックの部分においては、企画をになう作り手の考えに委ねられます。

そして、そのロジックを十分に生かすためには、正確な作りが必要となります。

さらに、足がその靴に合うか否かという点も、あなたにとってその靴が良い靴なのかという部分につながります。


私たちシューリパブリックが考える良い靴は、

靴の後ろ半分はしっかりとした作りでねじれにも強く、前側はしなやかな屈曲ができるもの。

正しいラスティングで素材としての革の特性を生かしていること。

甲とカカトでしっかりとホールドされていて、指先は自由に動かせるフィッティングであることです。


歩く際に足の指先が自由に動かせれば、しっかりと足を機能させて歩くことができ、結果として血流が良くなるとともに、

足が正しくホールドされていれば、靴の中でムダに足があばれることもなく、つまりはムダな摩擦熱も発生することもなく、ストレスも最小限に抑えられるという理屈です。


足の指が自由に動かせるということは、一部の方々から言われるシワが出にくいタイトなフィッティングとは若干異なります。


そんな道具としての靴を考えると、足首の上までホールドするブーツが適していることがわかります。

足首のちょっと上の部分をホールドするだけで、飛躍的にフィッティングが良くなります。

そんな理由で、私たちはお仕事でも使えるギブソンブーツを一番にお勧めしています。


お勧めのギブソンブーツはさておき、全ての方々に道具として正しい靴選びと正しいフィッティンの知識をしっかりと身につけていただきたいと思います。

何が正しい作りの靴で、何が正しいフィッティングなのかを知っていれば、もし何かの理由でその通りにすることができなかったとしても何が足りないのかがすぐにわかります。

知っているのと知らないのは、かなりの大きな違いです。

もしかしたら、将来のあなたの健康に影響する大切なことになるかもしれないことです。



今週末には、恵比寿のRifareさんにて足の採寸会のイベントを開催します。



イベントのご案内

リファーレ恵比寿店にて恒例の採寸相談会&オーダー会開催
今週末です!
日時は、12月12日(土)〜13日(日) 両日とも11時〜20時
都内や神奈川方面にお住まいで、シューリパブリックの靴にちょっと興味があるけれど埼玉の
工房までは行けないという方、ぜひお越しください。

みなさまのお越しをお待ちしております。




シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのウェブサイトはこちら

今週末のスケジュールはこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。

















 
| 伝えたいこと | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1292204
トラックバック