CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 色違い | main | 足元が変わると気分も変わる >>
ウェルティングの終わり方
今の作業はウェルティングです。

ウェルティングの作業に関しては、今までにも何度かご紹介しています。

でも、よくよく考えてみたらウェルティングの終わり方をご紹介していませんでした。

何となく察しがつくと思いますが、その通りか否か見て見てください。




ウェルティングで、もうすぐゴールのあるお客様の靴です。

ウェルトの長さはまぁだいたい規格がありまして、私はダブルと言ってウェルトが1周まわる仕様のものが多いので、74センチのものを使っています。

もう少し大きいサイズの靴にも合うように若干長めになっているので、当然余ります。

これをどうするのかという話です。



答えは・・・、



包丁で切ります。

とってもストレートな答えです。



ただし、いくつか注意事項がありまして、

今の時点であと数針でゴールになりますが、この際に若干長めに切っておくことが大切なのです。

というのも、ウェルティングをするとじゃっかんかつがれます。

ピタリの長さで切ってしまうと、ウェルトの長さが足りなくなってしまうのです。

なので、この時点ではスタート地点に無理やり押し込んであげるくらいの長さにしておきます。



そして、残りの数針を縫うと、やはり予想通りにいくらかかつがれて、ウェルトはこの時点でピタリになりました。

よくできました。




 ★お知らせ  

2016年4月ご注文分より、靴の価格を以下の通りに改定させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

旧価格 92,000円(税別)
新価格 94,000円(税別)



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのウェブサイトはこちら

今週末のスケジュールはこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。






 
| アットワーク | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1292243
トラックバック