CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 日本製ハンドメイド | main | 今日のお客様 >>
ミシンで縫う
一般的に、靴のアッパーを縫うときにはミシンを使います。

それも、家庭用のミシンではなく、いわゆる工業用のミシンです。

イメージとしては、ジーパン屋さんで裾を縫ってもらうときのあのミシンに似たヤツですが、縫うものが布ではなく革なので仕様が若干異なります。


さて、そんなミシンですが、靴のクロージング(ミシンをかける作業のこと)は結構簡単そうで実はかなり難しい作業なのです。

というのも、革は一度針を刺して穴が空いたら穴をふさぐことができないため、失敗ができません。

また、靴の履き口やパーツを縫い合わせるようなときには、どこを縫うのか完全に目見当になります。

さらには、飾りステッチなどの場合においては、とりあえずスティッチマーカーペンで縫うラインを書いておきますが、2本並べて縫時の2本目はこちらも目見当になります。



こちらの写真は、ラインの上を1本塗った後に2本目を並べて縫っているところです。

こんな状態で縫うわけですから、慣れないうちは線の上すらちゃんと縫うことができなかったりします。

ガイドも何もなく、ミシンの運転は完全に運転手任せになるのです。



こちらが、2本並べて縫ったパーツです。

こういうのもモタモタ縫っていたら時間ばかりかかってしまうので、結構なスピードで縫っています。



お知らせ  

2016年4月ご注文分より、靴の価格を以下の通りに改定させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

旧価格 92,000円(税別)
新価格 94,000円(税別)



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのウェブサイトはこちら

今週末のスケジュールはこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。




 
| こぼれ話 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1292256
トラックバック