CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ラスト#SRF新企画サンプルのウェルティング | main | イベント@Rifare大阪のご案内 >>
メンテナンス
先月、私が普段愛用している腕時計をメーカーに修理に出して、2日前に戻ってきました。



私が大好きなオリエントというメーカーのモノで、メンテナンスは日野市にあるオリエント時計さんに送りました。

送る前の時点で、ちょっと気になることが何点かあったので問い合わせをしたところ、とても丁寧に教えてくださって、保証期間だったこともあって、メーカーに送って見ていただきました。

精密機器なので、自分でどうにかするなんて絶対に不可能ですから、専門の知識を持った方がしっかりと対応してくださると、とっても安心です。


そもそも、どうして私がオリエントというメーカーが好きなのかというと、

やっぱり腕時計はずっと永く愛用したいと考えていて、いざというときに国産のモノの方が対応が迅速だろうと思っていることと、

数ある国内メーカーの中でも、オリエントは他社とは若干違う方向を向いているところが魅力なのです。

海外モデルと称する比較的価格帯の低いものも、しっかりと国内で作っていたり(と聞いています)、途上国でバッテリーが入手できない地域の方にも腕時計をしてもらいたいということで、安価な機械式モデルを販売したり、

そうかと思うと、国内でフラッグシップモデルなどを思いのほかリーズナブルな価格で販売したりしていて、余計な宣伝広告を打たない代わりに良い製品を格安に販売しているなど、ユーザーとしては非常にありがたいメーカーだと思います。

時計はステイタスなどという意見もありますが、私は高いとか安いとかいうことではなく、気に入ったものを愛用したいと思っています。



以前に、こんな本を読んでますますオリエントのファンになりました。

すべてが本当かどうかはわかりませんが、印象としてはまじめな会社と感じました。


話が脱線しましたが、メンテナンスは作り手が一番よく解っているのは紛れもない事実です。

私が製作した靴に関しては、主要な点検は私自身でしっかりとおこなって、状態を直接お客様にお伝えしたいと考えています。



靴って、外側だけならいくらでもキレイにすることができます(クルマと同じですね)が、そのほかの部分も良い状態に保っておきたいところです。

そろそろ靴が馴染んできたという方や、もう1年くらい履いているという方、ぜひ靴の点検にお越しください。

基本的に、靴の点検はお客様のお取り扱い方法が正しいのかを確認することとともに、どのように扱ったらよい状態を保てるのかをお伝えするのが目的ですので、そう何度もする必要はありません。

お客様に正しいお取り扱い方法を知っていただき、上手に靴と付き合っていただきたいと考えています。

でも、ちょっと心配という方は、お持ちいただくのもwelcomeです。




お知らせ  

2016年4月ご注文分より、靴の価格を以下の通りに改定させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

旧価格 92,000円(税別)
新価格 94,000円(税別)



シューリパブリックでは、日常仕様の快適オーダー靴をお作りしています。

シューリパブリックのウェブサイトはこちら

今週末のスケジュールはこちら

メールアドレスは info@shoe-republic.com です。



 
| 伝えたいこと | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.shoe-republic.com/trackback/1292277
トラックバック